口づけの華が舞う

桃たちのすがた

Into Your Eyesの歌詞を考える【個人的解釈・深読み】

1月2日発売のジャニーズWEST新アルバム『WESTival』より、中間淳太作詞『Into Your Eyes/中間淳太藤井流星小瀧望』の歌詞を、超個人的に解釈(深読み)していきたいと思います。歌詞の解釈が初めてなので諸々お手柔らかにお願いします…。

 

【解釈】

前提として恋愛歌詞なので、登場人物としては僕と彼女がメインです。そして男性視点(僕視点)から始まるということを頭に入れておいて頂きたいです。

Yeah... Hey girl... Come here...

Woo... Something I wanna say

You know,Listen up

『Something I wanna say』=とある事を僕は言いたい。

『You know』は解釈が複数ありますが、総合的にみると同意を求める形になります。なので「君(=彼女)も分かっているだろう?」。

続いて『Listen up』は『Listen』に『up』が付くことによって、「聞いて欲しい」という意味ではなく「最後までしっかりと聞いて欲しい」という少し強めの言い方になります。

よってこの部分は「僕は君に言いたい事があるんだ、その内容はおそらく、君も分かっているはずだよ。しっかり聞いて欲しい。」といった内容になります。では、僕が彼女に言いたい事とは、一体何なのか?ひとつ分かるのは、"彼女にも関連している事である"ということです。

 

何気ない 平日の夜
約束もないけど こうして会えたね Alright
苦いコーヒー 飲めないくせに
「私もそれで」と 笑う

『何気ない平日の夜』は『平日の夜』ですので、僕の仕事終わりの夜だと解釈します。

『約束もないけど こうして会えたね』=約束をせずとも彼女と街で偶然会う事が出来た。

そして彼女と偶然会えた事により、少しお茶でもしようかという流れになったのでしょう。その次の『苦いコーヒー 飲めないくせに「私もそれで」と笑う』ですが、僕と彼女の間で「何飲むの?」「コーヒー」「じゃあ私もそれで」「いや、コーヒー飲めないでしょ(笑)」といったような会話が生まれていたのかな。

 

まるで 子どもみたい

そっと 君を引き寄せ
「嘘つきめ」と抱きしめる

『まるで子どもみたい』=コーヒーを飲めないくせに飲めると言って笑う君は、まるで無邪気な子どものよう。

続いて『「嘘つきめ」』なのですが、ここで僕が彼女に対して"嘘つきめ"と言った理由は何なのか。彼女が「コーヒーを飲める」という嘘をついた事に対して僕が「コーヒー飲めないくせに飲めるだなんて、君は嘘つきだね」という意を込めて言ったと解釈するのが自然でしょうか。他にもあるような気はしますが。

『苦いコーヒー 飲めないくせに・・・』の時点では喫茶店等の場所での会話をイメージ出来ましたが、ここで『抱きしめる』とあります。人目につく喫茶店で堂々と抱きしめるというのは少し考えにくいので、今回は僕と彼女どちらかの家、もしくはホテルで過ごしているのではないかと解釈します。

 

Look into your eyes,girl

何も言わないで
Look into your eyes,girl

その笑顔は誰にも見せないで
鳴った 電話に 遮られた時間の
続きを 探そうか?

『何も言わないで』=せっかく会えたのだから、余計な事は話さずに楽しい時間を過ごそうよ。

『その笑顔は誰にも見せないで』=彼女が笑う姿は僕だけが見ていたい。ここは僕の独占欲が現れているのだと思います。

『鳴った電話に遮られた時間の続きを探そうか?』=電話が鳴ってしまったから今日はもう無理だけれど、またこういう機会はあるのかな。この『鳴った電話』ですが、僕と彼女のどちらの携帯が鳴ったのかは分かりません。どちらかの携帯に"誰か"から連絡が入ってしまった事によって、僕と彼女の甘い時間が遮られてしまった。

 

Oh 君へと 近づくほど
友達のフリが上手くなってく Oh no baby
ワガママだって 愛せるけど
本当の 気持ちは 言えない

ここの歌詞は彼女との事ではなく、僕の気持ちが詰め込まれています。

『君へと近づくほど友達のフリが上手くなってく』=彼女との関係が深くなるほど、ただの友達のフリをすることばかり。既に僕と彼女は『抱きしめる』事が出来るくらい親密な関係であるにも関わらず、僕はその手前である"友達"の関係に戻るような素振りを見せている。関係を浅くしようとしている。よって、ここは"僕が彼女と距離を置こうとしている"のではないかと解釈します。

『わがままだって愛せるけど本当の気持ちは言えない』=彼女のどんなわがままも愛おしく思うけれど、僕の本当の気持ちは言えない。ここで出てくる『本当の気持ち』というのが、冒頭歌詞で説明した『僕が彼女に言いたい事』へ繋がると解釈します。

 

振り返りざま そっと 笑う 君に

「またいつか」と手を振った

"誰か"からの連絡により、今日は解散しなくてはならない状況になってしまった。そして彼女と別れる所で『振り返りざまそっと笑う君』(=彼女)に僕が『「またいつか」と手を振った』。

 

Look into your eyes,girl

どこにも行かないで
Look into your eyes,girl

その言葉を静かに飲み込んで
最終 電車に 乗り込んでいく君の
背中を 見ていた

『どこにも行かないで』『その言葉を静かに飲み込んで』=君にはどこへも行って欲しくないけれど、今日はもう解散しなければならないから僕はその言葉を静かに飲み込んだ。

『最終電車に乗り込んでいく君の背中を見ていた』=僕はただただ最終電車に乗り込む彼女の背中を見つめることしか出来ない。『最終電車』という事なので、僕と彼女は最終電車の時間まで一緒に居た=かなり遅い時間まで一緒に居た…とも解釈出来るのですが、二番歌詞冒頭の『友達のフリが上手くなっていく』を"僕が彼女と距離を置こうとしている"と解釈しましたので、ここは"僕と彼女の関係の終わりを意味する最終電車"と解釈しても良いのではないかと思います。

 

 Get down,Break down

もっと恋に落ちてく
Get down,Cuz I can't stop

瞳に溺れてく
Get down,Break down

もっと君に堕ちてく
Get down,Cuz I can't stop

瞳に溺れてく

まず『Get down』ですが、これは「男女の行為」=これまで僕と彼女が体を重ねてきたこと、「気が滅入る」=彼女との関係について悩んでいるという二つの解釈をします。

続いて『Break down』も複数の意味を持ちますが、ここでは「壊す」=僕と彼女の関係の崩落、「鎮圧」=僕の『本当の気持ち』を抑える、といった解釈をします。

要するに、この部分は僕と彼女が行った男女の行為の解釈もありますが、「僕はこのままでいいのか?彼女とは終わりなのか?…もうダメかもしれないけれど、僕は君を想う気持ちが強くなっていく一方だ。この気持ちは止められない」といった僕の揺れ動く気持ちを表していると解釈します。

 

Woo... Pretty baby(into your eyes)

Keep on lovin' (Lovin',Lovin'),

Keep on lovin'(All day)

この『Pretty』は「可愛い」と訳すことも可能ですが、ニュアンス的には「美しい」となります。『Pretty baby』=美しい彼女。

『Keep on lovin'』『All day』=君を一日中愛し続ける。『Keep on lovin'』『Lovin'』は二回ずつ書かれているので、強調したい部分でもあるのかな?

『Get down~』からの歌詞と合わせて考えると「僕はもう君に溺れている。この気持ちを制御する事は出来ないから、僕は君のことをずっと愛し続けるよ。」といった解釈になります。

 

Look into your eyes,girl

もう何も聞かないで

Look into your eyes,girl

許された 時間を壊さないで

Won't stop 君を

愛すほどに Lost my way

濡れたシャツもTake off

ここからおそらく、僕と彼女がまた改めて別の日に会った時の事が書かれているのだと思います。

『何も聞かないで』=君は僕に余計な事を何も聞かないで欲しい。こちらは一番サビの『何も言わないで』と似ているといいますか、結局どちらも"彼女に細かい話をして欲しくない"という意味なのだと思います。

『許された時間を壊さないで』=僕と彼女に許されたこの時間を、誰も邪魔しないでくれ。『許された時間』ですが、これを逆に考えると、本来僕と彼女が会う時間は"許されない時間"であるという事になります。僕と彼女は親密な関係であるはずなのに、簡単に会う事は許されていない。つまり、僕と彼女は"時間を許されないような関係である"と解釈出来ます。

そして『時間を壊さないで』は、一番サビのようにまた"誰か"からの連絡によって時間を壊される事を拒んでいると解釈します。

『Won't stop 君を』=もう僕が君を好きだという気持ちを止める事は不可能だ。『Won't』は「will not」の短縮、つまり未来を否定する形なので「これから先もずっと、僕の気持ちが止まることはないだろう」という長い期間での事を意味しています。

『愛すほどに Lost my way』=君を愛するほど、僕は自分の道を失っていく。

そして『濡れたシャツもTake off』ですが、これは"雨で濡れた僕のシャツ"、また"涙で濡れた彼女のシャツ"だと解釈します。いてもたってもいられず、覚悟を決めて"雨の中飛び出して彼女の元へ会いに行った僕"と、"僕が来てくれた事によって安心して流してしまった彼女の涙。"

『Take off』は「降ろす」、つまり『濡れたシャツもTake off』=濡れたシャツも脱いでしまおう。

 

Look into your eyes

肌を重ねDancing

Look into your eyes

首に残すルージュと過ち

 ここまではずっと男性視点で書かれており、サビは毎回『Look into your eyes』の後に『girl』がありましたので「君の目を見るよ、女の子(彼女)」といった彼女に向けての意味でした。しかしここでは『girl』が無い為、女性視点に移り変わっているのではないかと考えます。

『肌を重ねDancing』はそのまま、僕と彼女が体を重ねている様子を表しています。

『首に残すルージュと過ち』=私が君(あなた)の首に残すルージュと過ち。私が僕の首に『ルージュ』(マーク)を残すことによって、僕と彼女は完全に『過ち』を犯した事となり、もう元には戻れない所まで来てしまったのだと解釈します。

 

今日も 君の
寂しげな瞳が
うつす指のウソ

普通、女性は男性に対してだと『あなた』という表現になると思うのですが、今回は『君』。なので、彼女の方が僕より年上だと解釈します。

そして最後の『指のウソ』ですが、指で嘘をつく事が出来るもの=指輪だと解釈します。僕は現在『ウソ』をついているため指輪をしていない状態であり、普段は『ウソ』をついていないから指輪をしている。つまり、僕は既婚者なので普段は結婚指輪をはめているが、彼女との『許された時間』では結婚指輪を外していると解釈します。ここでようやく僕と彼女の関係が明らかとなりました。二人は、不倫関係にあるのです。

そうすると、ひとつ前の『寂しげ』というのは"妻に対する僕の唯一の罪悪感"であり、『今日も君の寂しげな瞳がうつす指のウソ』=今日もまた、結婚指輪をはめていない偽りの指を寂しげな瞳で見つめる君の事を、私は見ている。

 

【※1/10追記】 ラストサビが女性視点に移り変わらない解釈を追記させて頂きます。

ラストサビは男女の両視点だと解釈する場合。『Look into your eyes』『肌を重ねDancing』=僕と彼女は目を見つめ合って体を重ねている。

『首に残すルージュと過ち』=彼女が僕の首に残すルージュと、僕が彼女の首に残す過ち。まず彼女が残したルージュは、ただ単に僕の首にキスを落としただけだと解釈します。おそらく僕が残した過ちの方が、マークの意味に近いと思われます。

『今日も君の寂しげな瞳がうつす指のウソ』=今日もあなたの偽りの指を寂しげな瞳で見つめる私と、自分の偽りの指を寂しげな瞳で見つめる僕。僕が自分の指を見つめる解釈内容は同じです。彼女が寂しげに見つめるのは"僕には奥さんが居るけれど、私は僕とこんな関係を持っている"という"僕の妻への罪悪感"を抱いているものだと解釈します。僕と彼女は、ある程度妻への罪悪感を残しつつ関係を持っているのかもしれません。

 

 

まとめ(僕視点

彼女と一緒に居たい(結ばれたい)けれど、僕には妻がいる。彼女もそれを分かっているから言いたい事=「一緒に居たい」なんて軽々しく口に出して言えるはずが無かった。

そんな時、仕事終わりに偶然彼女と会えた。二人で甘い時間を過ごそうとしたが、誰かからの連絡により今日はここまでとなった。

やっぱり、この関係は終わらせるべきなのだろうか。彼女のワガママさえも愛してる。でも本当の気持ち=「一緒に居たい」なんて無責任な事、僕には言えない。

帰り際に振り返って微笑む彼女に、「またいつか会えるといいね」と手を振った。でも、次にまたいつ会えるかなんて分からない。本当は彼女とまだ居たいけれど、僕は妻の元へ帰らなければならない。

僕は、思っていたよりも君に溺れていたようだ。どんどん好きになるばかりで、気持ちを抑える事なんて不可能だった。もう何も考えなくていい。二人でずっと一緒に居よう。

彼女が僕の首に残したルージュ。(そして僕が残した過ち。)これで僕と彼女はもう元には戻れない。彼女との時間を過ごす為に今は外している指輪も、もう二度と付け直す事は無いのだろうな。

 

 

──────

発売前にレコメンでオンエアされ、歌詞が出回り始めた頃からずっと歌詞の意味を考えていました。

最初は「既婚者女性に恋をしてしまった男性」かと思っていたのですが、ライブではどうやら歌っている3人が薬指に指輪をはめていたそうで(笑)曲のイメージをわかりやすくする為に付けていたのかも知れませんが、ノーマルに「既婚者男性が独身女性に恋をしてしまった」という方向で考えてみました。ですが、他にも「W不倫」という解釈もしようと思えば出来ますし…あ〜〜〜ぜひ淳太くんの口からどんな設定で書いたのか教えて欲しいな。

脅威の5000字越えでした(笑)まとまりのない拙い文章を読んで頂き本当にありがとうございました!