口づけの華が舞う

桃たちのすがた

小瀧くんとの幸せな夢の記録

 

小瀧くんが担当の美容師で、私がお客さんの設定です。夢の内容に入る前に小瀧くんが美容師設定なのがもう既にしんどすぎる。しかもグレーアッシュの髪、Vネックのシンプルなニットに足の長さが際立つこれまたお洒落な形のパンツを履いています。ビジュアルが凄い攻めてくる。そして美容師さんといえばシザーケースですね。腰に付けているハサミとか入れてるポーチみたいなやつ。もちろん小瀧くんもしっかり付けていました。完全に風貌がカリスマ美容師です。かっこよすぎて思い出すだけで震える……無理…………。

 

私と小瀧くんは幼馴染みなのか友人関係なのかは分かりませんが、私が小瀧くんに好意を寄せていることは確かです。とにかく仲良しでした。なので基本的にすごい喋る。「いやいやなんでやねん!」「それ絶対嘘やろ〜」「せやな〜」って私のくだらない話を聞きながらちゃんと相槌を打ってくれたり突っ込んでくれたりして。しかもその時にめちゃくちゃ優しい笑顔を見せてくれる。ずっとニコニコしながら言葉を発してくれる小瀧くん。めっちゃかわいいいいいいい♡

そんな可愛い小瀧くんかと思ったら、髪の毛をカットする時に真剣な表情になるんですよね。そういうのドキッとする。本当にずるい。「ちょっとゴメンな?」って言って私の前に来て、髪の毛を手前に持ってきて長さの微調整とかしてくるんだけどいやいやその距離感〜〜!!近すぎる〜〜〜!!!死ぬ〜〜!!!!!!って心臓バクバクしながら小瀧くんとの距離感に耐えることが出来なくて思わず目を瞑ると小瀧くんが「大丈夫やって、目に入らへんように切ってるから(笑)」って言うんですよ。どうやら私は切った髪の毛が目に入るのが嫌で目を瞑っていると思われているらしいです。違うんだ、違うんだよ。カリスマ美容師の小瀧くんがそんなことする訳ないじゃない。でも、え?と戸惑ってる私に向かって更に続けて「目、瞑るとか可愛いなあ(笑)」ってさりげなく可愛いとか言ってきます。好きすぎる。

 他にもシャンプーしてもらってお湯を流す時には「温度大丈夫?熱ないか?」って聞いてくれたり(死)、洗い終わったあとにはそっと耳を拭いてくれたり(死)、タオルで髪の毛をわしゃわしゃしてくれたり(爆発)と、一般の美容師としては当たり前ですがそれを小瀧くんがしてくれるという特別感満載で美容師さん特有のキュンキュンポイントを次から次へと通過していき、最後の仕上げのアレがやって来るわけです。そうです。

「どうする?髪の毛巻いてく?」

最後にとんでもない爆弾を落とされた。ああ小瀧くんが私を女の子にしてくれる……(死)衝撃的過ぎて数秒沈黙しましたが「巻いた方がええよな〜このあと一緒に出かけるし!」って言う。言うんです。そう!!まさかの小瀧くんが仕事早上がりでこれから私と!なんと!!デートです!!!!!付き合ってる設定じゃないけどこれは完全なるデートです!!!!!デートなのです!!!(しつこいよ)

 

「よし、出来たぁ〜」という小瀧くんの声が聞こえたので鏡を見てみると髪の毛がとても可愛くふわふわになってるし私が知らないアレンジとかしてくれてる。どうしよう……わたし……小瀧くんの手によって……女の子になった…………。泣いた、もうこれはきっと全米も泣いたに違いない。巻き終わって「よっしゃ、ええ感じ!ほな行こか」って小瀧くんが言うんですよ。その時胸が本当にずっとバクバクしたままだったことをハッキリと覚えてる。

 

そしてここで美容室での一連の出来事が一旦終了し、次に回転寿司屋で私と小瀧くんの2人でお寿司を食べるところへと場面が展開します。何故回転寿司なのか理由が不明ですが、夢なので場面が別のところへ飛ぶという事態も珍しいことではないのでそのまま続けます。

ていうか!せっかく美容室で小瀧くんに髪の毛まで巻いてもらったのに行き先が回転寿司屋ってどうなの!?!?

2人で仲良くお寿司を食べていたわけですが、お寿司を食べる小瀧くんがこれまた可愛い。お口いっぱいに頬張りながら「んま!」ってもぐもぐしてるの、本当に可愛い。小動物かな???

この場面はなかなか早く進んでいって、もう小瀧くんとお別れするところまで一気に展開します。「今日はありがとう」「こちらこそ」「また店に来てな」なんて会話をしながら、ここでまさかの私が勇気ある行動を取りました。

「あの、一緒に写真撮らない?」

夢とはいえど私すごいこと言ったな!?今回の出来事をどうにか思い出として残しておきたくてめちゃくちゃ頑張って写真のお誘いをしました。小瀧くんは全然普通に「おお、ええよ」って言ってくれた。ちょっと泣きそうになる私。スマホのインカメで私と小瀧くんが、並んで、ツーショットを…!撮ったんです………!!!(泣)

嬉しすぎて即座にカメラロールを開いて私と小瀧くんのツーショットがあることを確認しました。ツーショットは間違いなく存在してた。ああ、本当に撮ったんだ(泣)小瀧くんに半分震えながら「ありがとう、今日は本当に楽しかった」と伝えて、小瀧くんも「俺も、また2人で会おな」って言ってくれた。泣いた。そしてお別れをした瞬間に目を覚ましました。起きた時自分でもあっ…夢だったんだ……って思うくらい全てが生々しかったのでカメラロールもしっかりと確認したのですが、もちろんツーショットなんてどこにも無かったです。てへ♡

 

とっても幸せな夢を見ました。夢です。もちろん現実ではありません。逆にこんな幸せなことが現実に起きたら私どうしたらいいかわからん。困る。

唐突に初めて私の夢に現れて、その上最高に幸せな時間を過ごしておいて私の目が覚めたら居なくなってる(当たり前)なんて罪深い男です。

ちなみにこの夢はかなり前に体験したものなのですが、最近また小瀧くんの夢を見ました。両手を優しく握ってくれました。可愛かった。

 

素敵な夢をありがとうございました。